大きい病院と個人医院、看護師に人気なのは?

看護学校を卒業し、いざ看護師だ!と意気込んでいる皆さん。看護師になるにあたって、考えなければならないのが大学病院等の「大きな病院」に入るか開業医などの「個人医院」にはいるか、ということです。若い人には給料の高めな「大きな病院」が人気です。

 

若いうちは体力もありますし、残業、夜勤も大丈夫、という方が多いため、残業代や夜勤手当がしっかり出る大きな病院の給料が高くなるわけです。とにかく若い内はたくさんお金が必要ですから、このような「給料が高い」ということはとても良いメリットになってくれますよね。

 

反面、大きな病院では看護師同士の仲があまりよくなかったりする場合もあるため、ある程度ベテランになってくるとそれを嫌がり、家庭的に働ける「個人医院」にうつる人も増えてきます。個人医院では人手が足りないため残業等もしなければなりませんが、様々な分野の知識を生かして仕事が出来るため、とてもやりがいがあるとも言われています。

 

ですので、まとめると、まだ若い方、新卒の方には「大きな病院」が、ベテランの方には「個人医院」が人気だというわけです。